スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏路地、路地裏 IV 「I・S・O」

「ISO感度: 感度を1段高くすると、

シャッタースピードを1段速めることができます。

あるいは絞りを1段絞っても適正露出が得られます。」

― こんな説明書的な事実ももちろん大事だけれど、

「ヒトの目に映るものとはちょっぴり違ったものが写ります」

みたく、感性的な事実も大事じゃないかと思う

DSC_0999_edited-1.jpg 

 

 

渋谷

DSC_0826_edited-1.jpg

 

 

新宿

 DSC_1019_edited-1.jpg

 

 

近所

DSC_0999_edited-1_20081213234907.jpg  

 

DSC_0993_edited-1.jpg

 

DSC_1368_edited-1.jpg

 

  

DSC_1371_edited-1_20090107031414.jpg 

 

 

   

こうして街中を歩き撮影していて思うのは、

どこぞの鉱山跡やら病院跡やらまで行かずとも、

“廃墟”なぞ身近にいくらでもある、ということだ。

世の“廃墟ブーム”も、

有名観光地主義に陥っている。

 

 

コメント

同感です

思い通りの彩を再現出切るわけではないのだから
曖昧な表記こそ相応しいのだと私も思います。
理屈でシャッターを切る人なんていないと思いますし。

便利性追求。利益優先。
発展と破壊を繰り返してきた人の心こそが
もしかしたら廃墟なのかもしれませんね。


素晴らしい目線をお持ちですね。
どの写真もカメラアングルが気持ちイイです!

こんばんは。

僕も、人の感性は大切だと思います。

絞りを絞ったり開放したり、シャッター速度を早めたり遅くしたり。。。
理屈抜きで自由に撮るから面白いのかな…って思います。

街の中の廃墟。
カッコイイです!

Re: 同感です

You-3さん、コメントありがとうございます

> 便利性追求。利益優先。
> 発展と破壊を繰り返してきた人の心こそが
> もしかしたら廃墟なのかもしれませんね。

ふうむ。かねてから廃墟志向は「美学」ではないと思っていたのですが、
なるほど、ヒトの心との親和性というか、共鳴というか、そういう心理作用
なのかもしれないですね。

滅びの欲動・・・なんてね

Re: タイトルなし

noiさん、コメントありがとうございます

> 絞りを絞ったり開放したり、シャッター速度を早めたり遅くしたり。。。
> 理屈抜きで自由に撮るから面白いのかな…って思います。

まったく同感です。もちろん基本や原則は大事なんだろうけど、せっかくデジタルが
解放してくれた世界ですから、自由気ままに撮りたいですよね。自らの感性に従って。

ぽちっとありがとうございました。
廃墟マニアはお嫌いですか?
あたしも数値にこだわり過ぎるのは苦手です。
今使ってるデジカメは、使い捨てカメラ程度のもので、気軽にパシャパシャ。
モニターも小さいのでピントが合ってるかすら分かりません。
そこに面白いものが撮れたり、思いもよらない色が出たり。
とっても楽しいです。

あたしは有名廃墟には行けません。色々な理由がありますが。
だから身近で散歩がてらに近所の廃墟だったり、廃墟っぽい写真を撮っています。
有名廃墟だから行きたい。行かなきゃ。行けばいい写真が撮れるはず。
なんてのはナンセンスかと。
自分の思うように自分が楽しめるスタンスでやっていけたらいいと思ってます。

実際まぁ数万も数十万もするようなカメラは主婦には買えないですし、そっちにこだわりすぎて、カメラのせいでいい写真が撮れない。なんて言い出したらダメかな。。。とも思うんですけどね。

すみません。初めてなのに図々しいことを。。。

またお邪魔します♪

Re: タイトルなし

Yu@Scrapさん、コメントありがとうございます!

> 廃墟マニアはお嫌いですか?

いや、むしろ自分が廃墟マニアです(笑)

ただ、「旅好き」にも、パックツアーで有名なところにしか行かない人と、
敢えて誰も行かないような無名の地を好むバックパッカーといますよね。
自分はどちらかというと、後者かな、と。

しかも、“廃れ”“朽ち”に魅力を見出すなら、何もロケ地が足尾銅山跡
とかじゃなくてもいいと思うんですね。

> だから身近で散歩がてらに近所の廃墟だったり、廃墟っぽい写真を撮っています。
> 有名廃墟だから行きたい。行かなきゃ。行けばいい写真が撮れるはず。
> なんてのはナンセンスかと。

僕もまったく同じです。お金だして足尾銅山まで行くってのもね・・・まあもちろん、
行ければ行きたいですけど。

> またお邪魔します♪

ぜひお越しください。僕もたびたびお邪魔します。撮影楽しみましょう!

はじめまして・・・廃墟と聞いて、コメントを。
魅力的なのは、分かるし、私も撮るときあるんですが
友達がマニアで、匂いを嗅ぎつけては、入ってく・・・
私は、霊感があるようで、えらい目にあったことが(苦笑)
どうか、気を付けて下さいね。ホント、マジで。

どの写真も独特の感性があって、魅力的ですね。
感性、感覚が、とても素敵で引き込まれました。
また、遊びに来ます。

コメントありがとうございます!

美姫乃さん、はじめまして!

僕も病院跡とかは怖くて撮れないです(笑)

それと、霊感とはちょっと違うんですけど、
僕は植物にちょっと特別な力みたいなのを感じる時があるんです。
時として、動物なんかよりよっぽど強い生命エネルギーみたいなのを。
なんか怪しい話ですけど・・・
道端にある大きめの観葉植物の側を通るときに寒気がしてしまうほどですから、
ただ事ではないかな、と・・・
なので、僕には植物をメインにした写真が撮れません。
小さい植物ならいいんですけどね。

まあともかく、楽しく写真を撮りましょう。
また遊びに来てくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iurii.blog94.fc2.com/tb.php/16-974e6736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

PROFILE

iurii

Author:iurii
大都市には色が溢れている
カメラなら,なんの屈託もなく
それを剥ぎ取れる
日本の,表面

カテゴリ

裏路地,路地裏 (15)
フォトグラフィー (3)
建築 (3)
美術館 (4)
本 (0)
英語 (0)
コラム (0)
参考書 (0)
未分類 (0)
映画 (0)

PHOTO GRAPHICA

受験生ファイト!

NEW!

最新コメント

twitter

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FOTOLIA

VISITORS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。