スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市の記号たち

都市には“記号”が溢れている

DSC_0727_edited-1_convert_20100314225534.jpg
FC2 Blog Ranking


しかしその記号たちのほとんどは
ほとんどの人にとって「意味」を成さない



禁止
DSC_0697_edited-1_convert_20100314225354.jpg

DSC_0702_edited-1_convert_20100314225419.jpg



散水栓×バルブ
DSC_0721_edited-1_convert_20100314225329.jpg




「H20.10.31 枯れ」
DSC_0482_edited-2_convert_20100315101022.jpg

例えばこの「枯れ」という記号は
この木が枯れているという事実は伝えてくるけれども
僕にとって何かの「意味」を持つことはない

「枯れているんだ ふーん」

そこで終わりだ




サビ
DSC_0494_convert_20100315101052.jpg



しかし
逆に何かの「意味」を見つけようと
この「枯れ」の前に少しでも佇んでしまったら
「枯れ」は「枯れている」という即自的な意味以外の
何かを伝えてこようとするだろう

そんなことになれば
気がおかしくなってしまうかもしれない

だから都市の住民は深く考えずに
「表面」だけをなぞっていればいいのだ

僕は,そんな「表面」をカメラに収めただけのことだ




ソラ
DSC_0377_edited-1_convert_20100315113809.jpg




博士は書物を離れ,唯一つの文字を前に,
終日それと睨めっこをして過ごした。
(中略)その中に,おかしな事が起った。
一つの文字を長く見詰めている中に,
何時しか其の文字が解体して,
意味の無い一つ一つの線の交錯としか見えなくなってくる。
単なる線の集まりが,何故,
そういう音とそういう意味とを有つことが出来るのか,
どうしても解らなくなって来る。


― 中島敦『文字禍』(ちくま文庫『中島敦全集�』所収)





FC2 Blog Ranking

コメント

たしかに「空」ですね。
カラだし、ソラだし。
更に写真を撮った季節が「アキ」だったら文句なしです。

おおっ

と残念ながら,7月撮影でした…

やっと訪問できました。
私が見たらやっぱり撮りたくなりそうな物ばかり。同じような写真もありますが、iuriiさんの作品のような存在感がないですね。なので、二枚組にして補ってるんでしょうね。勉強になります。

ありがとうございます

kodoさん,こんにちは。

さっそくのご訪問,ありがとうございます。

ほんとのところ,二枚組みとか三枚組みで撮ることが多いです。
そして大概,二枚目が一番出来がいいことが多いですね。

一枚目は構図がラフすぎ
三枚目は構図を考えすぎ
その中間の,二枚目がちょうどいい

ってな感じなんでしょうか。まあ三枚目がいいこともありますけどね。

ちなみに僕の写真は,Photoshopで構図・ホワイトバランス・色味などをかなりいじってます。「存在感」と言って頂くとたいへん恐縮なんですが,撮影技術そのものというよりも,撮影後の「いじり」の結果でそうなっているんだと思います(笑)でもその「いじり」がとても面白いんです。撮影そのものと同じくらい,ドキドキします。

だから僕の写真は,どちらかというと「絵画」に近いのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iurii.blog94.fc2.com/tb.php/35-872b4c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

PROFILE

iurii

Author:iurii
大都市には色が溢れている
カメラなら,なんの屈託もなく
それを剥ぎ取れる
日本の,表面

カテゴリ

裏路地,路地裏 (15)
フォトグラフィー (3)
建築 (3)
美術館 (4)
本 (0)
英語 (0)
コラム (0)
参考書 (0)
未分類 (0)
映画 (0)

PHOTO GRAPHICA

受験生ファイト!

NEW!

最新コメント

twitter

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FOTOLIA

VISITORS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。